TOP | コンセプト | WORKS | プロセス | BLOG | プロフィール | LINK | お問合せ
natural basic design

コンセプト

設計するにあたって

まず一番に大切にしたいことは
施主が建物に何を求めているかと言うこと。

住宅であれば施主のライフスタイルや価値観を知るということです。
そこから、始めていろいろなアイデアが生まれてくるものと思います。


敷地を見ると言うこと
どのような敷地であっても、「この建物のためにこの敷地があった」と思えるような設計でありたいと思います。

そのためには、敷地の様々な条件や環境の中から長所を見つけ出し、どのように利用するかを念入りに検討していきます。


私がやりたいこと
それは、施主の幸せであったり喜びと言うことに尽きると思います。

プランを検討していく中でいろいろなアイデアを形にしていきますが、全ては施主の満足、笑顔のためにあると言っても過言ではないでしょう。


デザイン
出来る限りシンプルを心がけ、建物を形づくる素材の魅力を引き出していけたらと思っています。

そして、その中に少しでも多くの建物に対する想いを詰め込んでいけたらと思います。




open
住宅について

家づくりといのは、大工さんを筆頭に多くの職人さんが関わり、力を合わせて行うものだと考えます。
設計者もその1人ですが、出来れば施主ご家族にもこの家づくりに参加して欲しいと思うのです。

何も、現場で作業を、、、というわけではありませんが、是非、家づくりの一員として喜びを分かち合っていただけたら幸いです。



設計事務所の業務

設計業務
施主と打合せを重ね練り上げたプランを図面という形にする作業です。

基本設計として建築確認申請用の図面を、又、実施設計として施工に必要となる詳細図面を作成します。私たちが創る建物は、都度、仕様やディテールが異なる為、その内容がしっかり施工者に伝わるように詳細な図面が必要となります。


申請業務
建築確認申請やそれに付随した申請業務を行います。

本来、建築確認申請は施主が行う申請ですが、内容が複雑な為、一般的には建築士がこれを代行する形がとられます。


監理業務
施工者が行う「管理業務」とは異なり、設計図書の通りに施工が行われているかどうかをチェックする業務です。

設計業務の項目でも書いたとおり、都度異なる仕様やディテールを図面により細かく指示しますので、その内容がしっかり施工者に伝わっているか、工事が行われているかを確認することが重要です。